マッチングサービスも展開

フリート循環モデル提供

 

ISOタンクコンテナ関連事業を幅広く展開するジェイ・トラッドは今年で創立5周年を迎えた。「皆さんが欲しいと思うものを海外から速く輸入して納める」(北野宣幸社長)というように、同社はISOタンクコンテナを“販売する”という側面から物流会社や化学品業界を支えている。

 同社はフリート循環モデルと業務提携契約仲介(マッチング)サービスの2つのビジネスモデルを強化・拡充している。

 フリート循環モデルでは、とくに燃料油脂、タイヤ、車両購入費の高騰に悩む物流会社をサポートしていきたいと考えている。ピストン輸送、高額な貨物を運ぶ際などのタンクコンテナ代は運賃に占める割合は小さく、低金利の現在では自社購入のほうが安価となる。仮に仕事が消失しタンクコンテナが余っても、同社が中古取引や下取りをすることでリスクヘッジできる。昨今の鋼材高騰などを鑑みると、中古品の需要も高まると考えられる。同社は「国内在庫」「レンタル物件を中古で販売」「海外パートナーからの中古調達による販売」などで、原価維持に悩む顧客をサポートする。

 マッチングサービスは、国際間マッチングと国内マッチングがある。国際間マッチングでは、日本市場への参入を狙う海外のタンクコンテナオペレーターに対して日系物流企業を紹介し、結びつける。すでに上野グループとスイスのバーチ・グローバル社との日本における総代理店契約を仲介した。

 国内マッチングでは、国内の中小企業のマッチングに力を注ぐ。「海上コンテナ輸送会社とタンクローリーによる陸上輸送会社」や「地域が異なる危険物輸送業者同士」のマッチングを行う。付随して通関業者の紹介、検査機関の紹介、トレーラーの仲介販売などのコンサルティングも行うとともに、同社が扱うタンクコンテナの販売やリース・レンタルにも結びつける。

 

​『化学工業日報』2022年(令和4年)3月28日 9面